旅日記『小樽』 

 2003.6.13-14


 新千歳空港に到着したのは、11時過ぎだった。JRの時刻表をみると、11:34の快速エアポート小樽行きがあったので、それに乗ることにした。自由席だったので、札幌まで座れず、約35分立ちっぱなしだったが、見慣れない外の景色を楽しんでいるうちに札幌まではあっという間だった。札幌でたくさんの人が降りたので、そこから小樽までは座って行けた。電車は海沿いを走る。曇っていたからかもしれないが、海は、なんとなく暗くさびしく見えた。

 そして、小樽へは午後1時ごろに到着した。

                      

  

 

小樽は曇ってはいたが、幸いにも雨は降っていなかった。

チェックインは14時だったので、すっかりおなかが減っていた私たちは、まずランチにすることにした。とりあえずお寿司!ということで、寿司屋通りをウロウロした。

 あまりにたくさんのお寿司屋さんがあって、どこに入っていいかわからず、とにかくおなかが減ってたのと荷物が重いのとで、そのとき目の前にあったお寿司屋さん「蛯政鮨」に入った。

 地ビールと、お刺身の盛り合わせを頼み、乾杯!それ以外に、甘エビの塩茹で、にぎりの12巻セットを頼んだ。マグロやなんかはそうでもないが、イカやエビ、貝類が最高♪ウニもおいしかったなぁ。 もりもり食べてもりもり飲んで・・・・お会計9,240円。

  食事が終わると、ちょうどチェックインの時間になったので、ホテルへ荷物を置きに行くことにした。

ホテルは、オーセントホテル小樽。開業5周年なのだそうだ。

まだ新しくかわいいホテルだった。

ヨーロッパのホテルみたい♪

私たちが宿泊したのはダブルルーム。1113,000円。

  ホテルのフロントで、どこかおいしい居酒屋さんはないか聞いてから(夜のために(^^)v)、私たちは小樽の町を散策に出かけた。

                             

ホテルを出て、文学館・美術館の前を通り過ぎると、向かい側に日本銀行小樽支店がすぐ見える。

 

小樽の街並は、とってもエキゾチック。

異国情緒あふれ、とてもステキ!                               

↑ 日本銀行小樽支店(1912年建築)

 

私たちは、旧三菱銀行小樽支店のある交差点を右に入り、大正硝子館の前を通って、堺町通りへと歩いて行った。

 

堺町通りには、硝子細工のかわいいショップが立ち並ぶ。体験工房もあった。残念ながら、私は手を怪我していたので、ガラス作りを体験することができなかったのだけど・・・(;_;)

 

途中でタラバガニを焼いているお店があり、イイ臭いがしてきた。

そのお店で、ウニをその場で割って食べられるというので、私たちは馬糞ウニを食べてみた。甘くておいしかった♪

 

実は堺通りに入ってからというもの、ショップに目を奪われ、写真を撮るのを忘れてしまった・・・(^^;                              

↑ 大正硝子館

堺通りを進んでいくと、メルヘン交差点にぶつかった。ガイドブックの写真とはいささか雰囲気が違ってちょっとガッカリしたが、小樽の街並の一部と考えれば、いやはやステキな場所だった。。。f(^^;

小樽オルゴール堂を左に曲がり、今度は堺どおりの裏手を小樽運河に向けて歩くことにした。

しばらく歩くと、ここが「噂のソフトクリーム売場」という看板が!思わず買ってしまった。。。

でも、ホント濃厚でおいしい♪

                              

↑ 小樽オルゴール堂

 

ソフトクリームを食べながら、まーっすぐ歩いていくと、小樽運河に到着!

 

立ち並ぶ倉庫群たちがまた、エキゾチックな雰囲気をかもし出してる。

私たちは、倉庫の方を散策することにした。

                              

↑ 小樽運河

 

                              

 

倉庫は、現在は改装されて、お土産や雑貨などのショップとして運営されていた。

 

途中でまた、タラバガニを焼くイイ臭いがしてきた。今度はホントにタラバガニを立ち食いした。でも、あんまりおいしくなかったなぁ。。。

夫は、古いのから順番に出してるからじゃないか?と言ってた。。。

 

それはともかく、この通りもまたとってもいい雰囲気で、街並を楽しむには最高でした♪

 

 

この後は、小樽運河沿いを、北運河の方へ向けてずーっと歩いて行くことにした。

でも、雨が降ってきてしまったので、観光協会で少し休んでから、傘を買って、雨の中出発した。

 

雨の小樽もなかなか良かった。雨が降ってきてからは、人も少なくて、とても静かだった。

 

ときどき人力車に乗った観光客が行き来していた。私たちも人力車の兄ちゃんたちに呼び止められたが、2人で歩く方を選んだ。

                              

 

 

 

 

北運河の辺りは、また雰囲気も一味違い、ステキだった。

 

人力車の兄ちゃんたちが、「北運河いいですよ。ご案内しますよ。」と言っていたが、ホントに良かった!

 

雨が良く似合う。

 

 

 

北運河の先に、噴水のある公園があった。運河公園だ。

晴れてれば、そこのベンチでゆっくり休んでからまた運河沿いをとぼとぼ歩いて戻るところなのだが、雨が降っててベンチで休むのは無理・・・。

 

その公園の向かいに、重要文化財である旧日本郵船小樽支店がある。

とても趣のある建物だ。

 

それから、私たちは、とぼとぼと運河沿いを歩いて戻った。5:00過ぎに観光協会の辺りまで戻ってきたので、近くの喫茶店でコーヒーを飲みながら、疲れを癒した。

お店は5:30までだったのだが、お店の方は、遅い客である私たちを快く迎えてくれてたのが嬉しかった。お店の名前を忘れてしまった・・・ごめんなさいm(_ _)m

↑ 旧日本郵船小樽支店

 

 

午後6時、いっせいに小樽運河がライトアップされた。

 

まだ日は暮れきってなかったが、とてもキレイだった。

 

 

 

 

 

                              

 

運河を後にした私たちは、ホテルを出るときにフロントで聞いたおすすめの居酒屋さんに向かった。

 

途中、旧手宮線跡を歩くことにした。

線路を歩くのなんて子供のころ以来、ちょっとはしゃぎ気味(^^)

 

 

 

勧められた居酒屋さんは、「聖徳太子」という店だ。300円均一で安いし美味い!さんざん飲んで食って9000円くらいだった。これを東京でやったら2倍の値段はするだろう。。。

小樽満喫♪

 

翌日は、朝すぐに新札幌へ向かう。そこで森家と合流だ。

 

しあBOX

inserted by FC2 system